お客様に信頼される酒類問屋を目指します。

社長写真
 『ほどよく飲めば百薬の長。うれしさを高め、悲しみを和らげる妙薬。』
お酒のあるところ、おいしい笑顔が広がります。私たちはこのすばらしい文化を多くの人にお届けすることに大きな誇りを感じています。

 鹿島酒販鰍ヘ、昭和42年に酒類の卸問屋として設立しました。昭和54年に高麗焼酎「眞露」との出会いがあり、ヒット商品として当社の新たな原点を作りました。以来、今日まで酒類の流通を通して、地域の皆さまとともに着実な歩みを続けてまいりました。

 近年、酒類免許の規制緩和による業界再編や、消費者ニーズの多様化など酒類業界を取り巻く環境は目まぐるしく変化しております。

代表取締役社長

小倉 俊明
当社ではこのような現状を踏まえ、地域に密着した販売活動を展開するとともに、「お客様への的確な情報提供」「物流機能の充実」を更に進め、市場ニーズに応えていくことが一番大切であると考えております。そしてお客様の発展に貢献できる酒類問屋として、またお客様に信頼いただける酒類問屋として、ともに栄えることを目指し会社一丸となって取り組んでまいります。

今後とも鹿島酒販鰍ご愛顧下さいますようお願い申し上げます。